一歩一歩進歩する

つれあいと私で、ゴルフスクールに通い始めて14か月になる。最初はゴルフになっていなかったけれど、最近では、二人でラウンドできるぐらいの腕前になった。上達したのは、コーチの教え方がよかったからだと思う。
コーチは、一回のレッスンではあまりたくさんのことを教えない。生徒が練習しているところを歩きまわっており、たまに、私が打っているところを眺めて、一回にひとつだけスイングについて注意をする。
あまりいろいろなことを言わないのがいいところだと思う。私のスイングには問題点はたくさんあるけれど、自分で注意できるのは一か所か二か所がせいぜいである。もし、たくさんのことを注意されたら、混乱してしまい、なにをしていいかわからなくなってしまうだろう。
まずは、コーチが注意した問題に集中することができる。その問題が解決したら、コーチがまたやってきて、次のことを注意してくれる。
そんなわけで、ゴルフは一歩一歩着実に進歩している。会社の部下の指導にも同じやり方を試してみようかと思う。