読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪の花嫁の城

リチャード・ブローティガン「東京モンタナ特急」を読んだ。その事情は英語のウェブログ(http://goo.gl/elvwz)に書いたのはここでは省略する。
この本には相互に関連はない掌編が並んでいるのだが、いちばん気に入ったものを翻訳しようと思う(著作権は侵害しているけれど、邦訳は絶版になっているので大目に見て欲しい)。
夢の話で、おおげさな比喩が笑いどころなのだけれども、うーん、笑えるように翻訳するのは難しかった。

「雪の花嫁の城」リチャード・ブローティガン「東京モンタナ特急」より

…「雪の花嫁の城」という日本のポルノ映画のエンディングを見逃した。見逃したものは、これから見られるものよりずっと重要である。その映画は、すばらしくエロティックな映画だった。ちょっと見ただけで10代の少年のように勃起した。その勃起は、砂漠の熱波のように熱くゆらいでいた。
女優たちは完璧なまでに美しく、優雅で、快楽を得ていた。映画が進むにつれて、彼女たちはより複雑な、より想像力に富んだ行為をするようになった。
勃起の快楽は、後ろに座っている人の膝の上まで飛びそうなほどにまで高まっていた。私の身体は熱帯の海の大渦巻に翻弄され、私の心は熱いドアをなんども開けたり閉めたりように行き来していた。
映画は深まり、より複雑なセックスが移り変わり、見たことも想像したこともないエロティックな体験に突き進んで行った。私の過去の性的な体験が、あたかもわびしくて退屈なあまり名前すらないような町にあるレンガと鼠捕りの会社で帳簿をつけることで生涯を過ごすことのように思えた。その町に住人は、百年以上の間町に名前をつけることを避けていた。
「来年には町に名前をつけよう」がこの住人たちがずっと続けていたやり方だった。それがまさにこの映画に比べたときの私のセックス・ライフのあり方だった。
映画の終わりまであと9分だった。窓口にあったプログラムに、この映画の終了時間が7:09と書いてあったのを覚えていたが、劇場の時計は7:00を指していた。私のセックス・ライフが完全に時代遅れになるのにあと10分もかからない。
私の目の前で演じられている女優たちのエロティックな行為は劇場の椅子をまさに押し流そうとしている。自分の椅子が性感によって蒸発するという感覚は興味深く快感だった。
そして、何らかの理由によって私は席を立ち、ロビーへ行った。非常に重要な用事で、ぜひともやらなければならず、断ることはできなかった。どんなことだったのか、複雑すぎてはっきりしない。
最後のセックス・シーンまで時間があると思ったのか、その他の理由があってか、冷たい飲み物を買った。
トイレに行かなければならなかったのか、非常に重要な手紙を渡さなければならなかったのか、劇場のロビーで待ち合わせをしていたのか、映画がはじまったときには最高のセックス・シーンが続くとは思いもしなかったのかもしれない。
とにかく、ロビーでしなければならないことを済まして、その用事がなんであれ、劇場に駆け戻った時には、カラスが舞う夕暮れの城のロングショットで映画が終わったところだった。
休憩時間の明かりがつくと、劇場は失神した男性であふれていた。通路に倒れている人もいた。私がなにかをしていた間に、観客はみな快楽の天使に触られたかのような至福の表情を浮かべていた。
その夜は最後の上映だったけれど、幸いなことにあと一日だけ上映していた。死ぬほどのフラストレーションを抱えて家に帰った。その夜は、寝ている間ずっと焼け付くような勃起が続き、激しい痛みすら感じていた。氷のように冷たい水が滴り落ちてくるようだった。
雪の花嫁の城の最初の上映は12:01だった。朝は、氷の塊の上でダンスをしようとしているサルのように過ぎていった。
12:15に行くと、劇場が跡形もなく消えていた。その場所には子供が遊ぶ小さな公園があり、老人が読書をしているベンチが置いてあった。
英語をしゃべれる人がいないかと探してみたが見つからなかった。ようやく英語を話せる人を見つけたが、その人は大阪から東京に初めて旅行にきたので、劇場のことは知らないと申し訳なさそうに言った。でもこの公園は木がたくさんあってきれいですね、と。
その後、日本の映画に詳しい人に会うたびに、雪の花嫁の城について知っているか尋ねてみた。みな、聞いたこともないけれど、その題名は確かかと言った。
そう、ぜったいに、雪の花嫁の城である。皆、役に立てなくてすまない、という。後悔先に立たず。

"Castle of the Snow Bride" from Richard Brautigan's "The Tokyo-Montana Express"

... what is missing here is much more important than what follows because what is absent is the ending of a Japanese erotic movie called Castle of the Snow Bride. It was a fantastically sensual film. After watching just a few scenes I had an erection that was like that of a teenage boy. It was hot and unstable, shimmering like heat in the desert.
The actresses in the movie were the ultimate in beauty, grace and pleasure. They were doing things that became gradually more and more complicated and more and more imaginative.
The pressure of my erection had reached the point of almost throwing me backwards, right out of my seat into the lap of the person sitting behind me.
My body was dizzy with sex like a maelstrom in a tropical sea and my mind came and went like the continuous slamming of a hot door.
The movie progressed deeper and deeper into more complicated and phantasmagorical sex, travelling toward the most sensual experience I had ever seen or imagined. It was going to make all my previous sexual experience seem as if I had spent my life working as a bookkeeper for a small brick and mousetrap company in a town so bleak and boring that it didn't even have a name. The people who lived there had kept putting off naming the town for over a hundred years.
"We'll have to name this town next year," was the way they kept handling it and that's exactly how my sex life would compare to the way the movie was going to end.
There were nine minutes left before the picture ended. I remembered that from the program in the box office window. The movie was going to end at 7:09 and the clock on the theater wall said 7:00. In less than ten minutes my sex life was going to be totally obsolete, a thing of the past.
The female erotic goings on in front of me were now starting to turn the seats in the theater into steam. It was an interesting experience and pleasurable feeling my seat being vaporized by sensuality.
Then something happened that caused me to get up and go out into the lobby. It was an errand of incredible importance. It had to be done. It could not be avoided. These things got kind of complicated because they are not clear.
I may have gotten up to get a drink of cold pop because I thought I had enough time to buy one and get back into the theater before the final sexual scene or it may have been something different that drew me out of the theater.
Perhaps I had to go to the toilet or maybe I had to give somebody a very important letter and we had agreed to meet in the lobby of the theater and I had no idea when the movie started that I was going to reveal the most fantastic sexual scene of all time.
Anyway, I did what I was supposed to do in the lobby, whatever that was, and rushed back into the theater to see the curtain close on the end of the movie that was a long shot of a castle at sunset with crows circling it.
The lights went on for the intermission and the theater was filled with unconscious men. Some of them were lying in the aisles. All the men had expressions of bliss on their faces as if the Angel of Pleasure had touched them while I was doing whatever I was doing.
It was the last showing of the movie that night, but fortunately the film would be shown for one more day. I went home in a state of frustrated hell on earth. The night passed like ice-cold water dripping a drop at a time on a burning erection that lasted all through my sleep, trapping me in a state of considerable pain.
The program said that the first showing of Castle of the Snow Bride was at 12:01 p.m. The morning passed like a monkey trying to dance in a block of ice.
When I went to the theater at a quarter of twelve, it had disappeared. There was no trace of it. In its place was a small park with children playing and old people sitting on benches reading.
I tried to ask people about the theater but nobody spoke English. When I finally found somebody who could speak English, he told me apologetically that he was just a tourist from Osaka, visiting Tokyo for the first time and he knew nothing about the theater, but the park was beautiful. He liked the way it looked because it had so many trees.
Later I met some people who had a good knowledge of Japanese movies. I asked them about Castle of the Snow Bride. They had never heard of it and was I certain that was the right title?
Yes, I was certain. There could only be one Castle of the Snow Bride. They were sorry that they could not help me. So there you have it: Everything is here except that which is missing.