読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野田総理大臣の撤退戦

雑感 時事

私はリバタリアンなので、日本国内では(おそらく世界的に見ても)政治的なマイノリティだと思う。日本にはリバタリアンを代表する政党はないので、選挙で投票する時は毎回苦慮するし、多くの場合は投票した候補者は落選し、政党は議席数を大きく減らす。
ここ10年の間でそれなりに支持できた政治家は小泉純一郎ひとりである。リバタリアンとしての私から見れば、巷間で言われているほど彼が徹底しているとは思わないけれど、方向性は正しかったと思うし、それを実現する政治的手腕にも長けていたと思う。
私自身、いわゆる55年体制自民党長期政権には多くの問題があったと思っている。55年体制の打破という意味では、やはり小沢一郎がもっとも大きな影響を与えた政治家だったと思う。彼がイニシアティブをとった小選挙区制の導入、細川政権の成立、民主党への合流と鳩山政権の成立ということが、自民党長期政権に引導を渡したことは間違いない。
細川政権が倒れ、自民党が政権を奪還したあと、自民党内での改革の動きがあり、橋本龍太郎が制度的な準備を行い、その果実を最大限に利用したのが小泉純一郎だったと思う。残念ながら小泉純一郎以降の自民党の総裁は、橋本龍太郎小泉純一郎が築き上げた資産を活用することができず、最終的に野党に転落した。
しかし、私は民主党を支持したことはない。民主党が政権を奪取した衆議院選挙では自民党に投票し、自分の政治的なマイノリティ性を再確認することになった。民主党を支持できない理由は大きく二つある。
一つ目の理由は、野合であること。鳩山由紀夫小沢一郎に代表される55年体制自民党菅直人に代表される学生運動に由来する市民運動輿石東の旧社会党、そして、いわゆる鳩山、管、小沢のトロイカより若い岡田、野田、前原世代の政治好きな松下政経塾といった人々が融合して一つの組織となっていなかった。結局、自民党から政権を奪取するという一点で一つの政党を形成していたけれど、それを達成すると分裂したということがこのことをよく表していると思う。
二つ目の理由は、現実的な政治的手腕に欠けていること。民主党のマニュフェストを読んだとき、正直にいって実行可能性に乏しいと思った。また、政治主導ということをスローガンに掲げていたが、それを実行できる実力があるようにはさっぱり見えなかった。官僚主導ということがよく言われるが、官僚の正統性は議会に由来するから、国会議員は官僚をコントロールする権力はあるし、その権力をうまく行使すれば現実的にコントロールできることは小泉純一郎が立証していると思う。しかし、民主党反自民党を標榜しているから、小泉純一郎による政治主導を十分研究している様子はなく、実際に機能しない組織を作っては廃止するということを繰り返していた。
しかし、そんな民主党の中で野田総理大臣には好印象を持っている。彼の国会での答弁を聴いていると、常に筋が通っていると思う。野党からの批判は正直に言って揚げ足取りが多いが、それに対して正面から答えていることが多いし、感情的になるわけでもない。
野田佳彦民主党代表に就任した時、すでに衆議院参議院はねじれ状態だったし、衆議院の任期も視野に入ってきていて、事実上レイムダックだったから、実際にできることの選択肢はきわめて限られていた。そのなかで、彼は彼なりの筋を通し、ベストを尽くしているように見える。今回の解散にしても、野党と処理すべき事項について必要な合意を形成するために解散権を活用し、実際に合意ができた時点で民主党内の反対を押し切って解散したのはきわめて納得できる。
民主党代表への就任から解散までの道のりは、まさに撤退戦だったと思う。次の選挙では確実に民主党は負けるが、その先を見通してきれいな負け方をしようと考えているのではないだろうか。現在、民主党は分裂を繰り返しているが、逆に純化されることで、将来の飛躍の基礎を作っているようにも見える。小沢一郎鳩山由紀夫と手を切ることができた。野田首相が継続して代表になるのか、それとも細野大臣へ世代交代を進めるのかはわからないけれど、長期的に見れば民主党が復活するための手がかりを得たのではないだろうか。
これに反して石原慎太郎橋下徹の個人的な人気に頼ろうとしている烏合の衆が集まりつつある「第三極」の将来は暗いと思う(「減税日本:河村氏「太陽の党と合流決めた」」毎日新聞2012年11月15日(http://goo.gl/gRiwZ))。

関連エントリー
「昭和と平成、大政翼賛会と大連立」id:yagian:20110609:1307563173
菅直人小沢一郎鳩山由紀夫id:yagian:20110605:1307218940
小沢一郎の政治主導 」id:yagian:20100906:1283718670
「最後の目標」id:yagian:20060409:1144551274
「政治改革の帰結 」id:yagian:20050813:p2
小沢一郎小泉純一郎id:yagian:20050815:p2
小泉純一郎とは何者だったのか」id:yagian:20051225:1135520990