読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これからが本番:FIFA World Cup

雑感 スポーツ 時事

目が覚めてTVをつけたら、ちょうどBrazil対Chileの試合のpenalty shootoutが始まるところだった。
決勝までの組み合わせを見て、Brazilにとっても簡単な試合はひとつもないな、と思っていた。実際、最初からぎりぎりの勝負になった。
日本のgroup league敗退についていろんな論評があるけれど、World Cupで勝つことは容易なことではない、ということに尽きるように思う。
Zaccheroniに対してはさまざまな批判がある。Asia予選を突破するという最低限の目標は達成したが、本大会の結果やperformanceについては満足できるものではなかったから、批判されても当然ではある。
しかし、Zaccheroniの立場に立って考えて見ると、日本のteamづくりは難しいものだと思う。点が取れるforwardと安定したcenter backがいないことが大前提でWorld Cup本大会で勝てるteamを作らなければならない。そのような条件のもと、あのような戦略とteam構成を選んだことは理解できる。
Zaccheroniの日本は「弱者の戦略」を使わないという印象がある。つねにまともな戦い方をしようとする。その結果、自分より弱いteamには勝ち、強いteamには負ける。
一方、今回Group Cで戦ったGreeceは「弱者の戦略」を使う典型的なteamである。守備的にgoal前に人数を残し、counter attackで得点を狙う。常に引き分けを想定して、どうしても勝たなければならない試合でなければ積極的に勝ちにいかない。
Greece対日本戦は、まさに引き分けを狙った試合だった。退場者が出る前から引き分けを想定していたと思うし、退場者がでた後は0対0で逃げ切ることに専念していた。そして、勝たなければならないIvory Coast戦では、こんな試合もできるのか、というぐらいに積極的に攻めに行き、2対1で勝ってtournament進出を決めた。
しかし、日本がこの「弱者の戦略」をできるのか、といえば簡単ではない。安定した大型center backがいなければ、守備的になったからといって守りきれるというものではないだろう。Ivory Coast戦の失点が典型的だったように、sideから上げられたcrossに対する守備は、身長が足りない日本teamの「伝統的」な弱点となっている。人数をかけないcounter attackで得点を狙うためには、ballをkeepすることが得意で一人でも得点をできるcenter forwardが欲しいが、その人材もいない。
だから、Zaccheroniは日本teamのなかで相対的に優れている中盤の選手がballをkeepすることを中心にして、長友がいるleft sideからの攻撃に重点を置くという選択をした。しかし、より強い相手と戦う時、自分のteamがballをkeepして勝ち切るのは容易ではない。だから、根本的に日本の選手たちがlevel upしなければならないから、簡単ではないし、時間もかかる。
2013年のConfederations Cupでは、そのような日本が典型的な試合をしたと思う。強豪国相手でも日本が得点することはできるようになったが、失点も多い。より強い国とは打ち合いの結果負けてしまう。しかし、Zaccheroniもこの弱点は十分承知のうえで、より多くの得点をすることで勝ち切ることを目指したのだろう。
World Cupのgroup league初戦では、日本より選手の質が高いIvocy Coastが十分に日本の弱点を研究して、おそらく練習通りのpatternで2点とった。日本はconditionが悪いこともあり、3点取り返すsoccerはできなかった。
Greece戦は引き分け狙いにきた相手の守備を破ることはできなかった。今回の大会を見ていると、日本に限らず、しっかりとgoal前を固めたチームから得点するのは容易ではないことがわかる。SpainもNetherlandsからは1点しかとれなかったし、ArgentinaですらIranから点をとるのには苦労した。守備が安定したGreeceから日本が得点するのは難しかっただろう。
最終戦、明らかに実力で上回るColombiaから勝たなければならない状況になった。日本が攻めざるをえないことを踏まえ、Colombiaは引いて守り、counter attackで得点を重ねた。Colombiaのforwardは優秀で、少ない人数のcounter attackが実に有効だった。
group leagueの試合を振り返ると、相手の戦略通りの試合になってしまったことがわかる。そして、日本はそれを打ち破るだけのlevelではなかった。相手も必死だから簡単ではない。South Africa大会でtournament進出したからといって、次はtournamentで初勝利できる訳ではない。
さて、World Cupもこれからが本番。