読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

減量節制生活中

今、減量のため節制生活をしている。
私の身長は166cmだが、体重はここ20数年間、60kgから64kgの間で上下している。
何も気をつけずに生活していると体重が増えてしまう。64kg近くなると脂肪のきぐるみを一枚着ているような感覚になり、あまり気分がよくない。新しい洋服を買う気持ちも失せてしまう。そんな時期に健康診断があると、γGTPが基準値を越えてしまい、脂肪肝と指摘される。
さすがにこれはまずいと思い、減量をはじめる。だいたい60kgぐらいまで体重を落とす。身体が軽くなると気分は爽快になる。だったらその体重をずっと保てばいいのだけれども、減量節制生活の習慣がいつのまにか緩み徐々に体重が増えるということを繰り返している。
だんだん年齢を重ねるにつれて体重が落ちにくくなっているような気がする。だから、減量節制生活をはじめる時、今回こそはは体重が落ちないのではないか、という不安がある。しかし、幸いなことに、今回もまずまず順調に減量できている。
ゴールデンウィークに、扁桃を切除する手術を受けた(id:yagian:20140510:1399724276)。術後はしばらく喉が痛くて満足に食事を食べることができなかったから、痩せてしまった。しかし、そのような痩せ方はすぐにreboundしてしまう。喉の調子がよくなり、ふつうに食べられるようになると、かえって手術前の体重を越え、64kgに向けて順調に増えて行った。これはまずいと思い、減量節制生活を開始した。
私の減量理論は単純である。
大筋としては摂取する熱量より消費する熱量が多ければ体重は減っていく。そのためには、食事に気をつけて摂取する熱量を減らし、運動をして消費する熱量を増やせばいい。
細かく言えば、脂肪がつきにくいような食事の方法、GI値が低い食品を中心に食事する、とか、食事の時間帯に気をつけるということも有効なのだろうけれど、あまり気にしないようにしている。継続することが重要だから、あまり特殊な食事にはしないようにしている。もちろん、熱量が高く脂肪が多いような食事は頻繁に食べることはしないけれど、たまに食べたくなったときには無理に我慢せずに食べるようにしている。だから、あまりに特殊な食事をするような「ダイエット法」はしないし、また、そこまでしなくても熱量の調整で減量はできる。
食事については、三食は抜かさず必ず食べるようにしている。その代わり、間食と熱量のある飲み物は原則とらないようにしている。
体重が増えている時期にはStressがたまると、会社のdeskで袋菓子を貪るように食べてしまうことがある。減量節制生活中も口ざみしくなることがよくある。そんな時には、Friskの粒を口に入れる。刺激があるので口さみしさを紛らわすことができる。
飲み物は、朝、カフェオレを飲む以外は、基本的には水か麦茶を飲んでいる。禁酒はしていないが、節酒はしている。やはり、お酒を飲むと、お酒そのものの熱量もあるし、つまみを食べてしまう。週末以外はなるべく飲まないようにしている。あくまでも「なるべく」という程度である。
この程度摂取する熱量を減らせば、時間をかければ減量していくということは経験的にわかっている。今回は、実験的興味もあり、摂取する熱量と運動で消費する熱量を"BeCalender"というapp(http://goo.gl/wTyY48)を使って記録している。毎日の体重、食事の内容と熱量、運動の内容と熱量を記録するようになっている。"BeCalender"にも主な食事の熱量についてのデータが入っているし、googleで"◯◯ カロリー"で検索すると食事の熱量はすぐわかる。正確に熱量を知ろうと思うと食事の重量をいちいち測らなければならないのだろうけれど、そこまでの必要はないので目分量で推定している。今は、食事と運動の差し引きで一日1,200kcalぐらいになるように生活している。
食事の熱量と運動の熱量を比較すると、食事でcontrolした方が楽なように思える。例えば、ご飯一膳の熱量は235kcal程度。体重60kgの人がジョギングでこの熱量を消費するには4kmぐらい走らなければならない。運動に慣れていない人にとっては、ご飯一膳抜くほうが簡単に思えるだろう(私もそう思っていた)。
三食きちんと食べると、一日1,200kcalにはあまり余裕がない。お酒を飲むとすぐに1,500kcalぐらいになってしまう。もし、食事だけで節制しようとすると、翌日一食抜く必要がある。かえって不健康のように思うし、お酒を飲むことに罪悪感を感じてしまう。
今回の節制生活のために、Aerobikeを買った。だいたい30分強で300kcalぐらいを消費できる。今日はお酒を飲みたいというときは、朝にその分先に消費しておく。飲む時は罪悪感を感じず、気持よく飲める。
そもそも減量節制生活の目的は健康維持のためである。当然、無理な絶食は意味がないし、運動しながら減量したほうがいいに決まっている。ただ、運動だけで減量するのは難しい。食事の節制にあわせて、お酒を飲んだり、ごちそうを食べたり、甘いものをと食べたりするときに、その分を運動で消費するぐらいの気持ちだとよいと思う。
運動は、朝、毎日軽い「筋トレ」を"GAIN Fitness Cross Trainer"というapp(http://goo.gl/t9bvEd)でやっている。運動の強度、頻度、目的、家にある器具を選択すると、自動的に計画を立ててくれる。毎日少しずつ違ったmenuなので飽きずに続けられる。
その他、前述のAerobikeと週末には水泳をするようにしている。今はまだ暑いので外での運動が厳しいけれど、涼しくなったらjoggingもしようかなと思っている。
今の調子だと、あと2週間ぐらいで目標の60kgに到達しそうである。それからうまく水平飛行に移りたいなと思っている。

ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AF6200

ALINCO(アルインコ) エアロマグネティックバイク AF6200