仰木彬

何か書いておかなければと思うのだけれども、書くと空々しくなってしまう。言葉がない。