念力がゆるんでいる

梅雨明けの暑さに負け、ごろごろしていた。まとまったものを読む気力も湧かず、歳時記の夏の部を眺めていたら、こんな句があった。

念力のゆるめば死ぬる大暑かな 村上鬼城

最近、念力がゆるんでいる。