読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone6バッテリー交換記

iPhone6のバッテリーの不具合

2015年2月にiPhone6に機種変更をして、今月で満二年になる。最近、急激にバッテリーの調子が悪くなった。

たいしてアプリを使っていないのに、3時間ぐらいでバッテリー残量が数%になってしまう。100%充電したところでコードを抜いた瞬間に残量が80%になり、みるみる残量が減っていく、という状態になってしまった。

Googleで検索するとiPhoneのバッテリーの問題はかなりヒットする。iPhone6のバッテリーの不具合が、アップルストアでバッテリーの交換によって解決したという記事を読み、Genius Barを予約してみることにした。

d.hatena.ne.jp

アップルストア Genius Barの予約

思い立ったのが正月休みの直前で、できれば、休み中に解決したいなと思い、アップルのウェブサイトを開いてみた。

「サポート」を選び、いくつかのページを経て、Genius Barの予約画面にたどり着くことができる。途中でApple IDを聞かれるので、あらかじめパスワードを確かめておくといい。

アップルストアApple Authorized Service Providerとなっている家電量販店のどちらも選べるのだけれども、相談したいと思ってアップルストアを選んだ。しかし、休日はほとんど予約が埋まっていた。時間を置いてアクセスしたら、アップルストア渋谷の1/3(火)の予約が取れた。キャンセルがでることもあるようだから、何回かアクセスすれば、どこかのタイミングで予約が取れると思う。

Genius Bar訪問

予約の時間の5分前にアップルストア渋谷に着いた。一階も、Genius Barがある二階もかなり混んでいた。予約していた私も多少待たされたけれど、予約なしに来た人たちはかなり長い列を作っていた。休日にGenius Barに行くのであれば予約はした方がいいと思う。

ショップの担当者は、iPadで私のiPhoneとペアリングをして、診断プログラムを走らせた。バッテリーが弱っているという診断結果だったので、交換することにした。また、ガラスの端が破損してて、ヒビも入っていたから、これも交換することにした。

AppleCare+でバッテリー交換は無料

保証期間2年間のAppleCare+に加入していたので、バッテリー交換は無料で、ガラスの交換は3,672円(税込)で済んだ。

iPhone6のバッテリー交換は、アップルストアだと7,800円、画面の修理は12,800円になる。iPhone6AppleCare+は、月額550円(初回のみ150円)で24か月分払っていたから、もとは取れた。

もし、AppleCare+に加入していて、バッテリーに不安を感じているのであれば、24か月の期間中に交換した方がよいと思う。

その後、バッテリーの調子は良好

交換後、バッテリーの調子は良好である。バッテリー残量を気にしないくてよくなり、充電用のバッテリーを常に携帯する必要がなくなり、気も軽くなった。

そして、充電に時間がかかることに驚いた。逆に言えば、最近はあっという間に100%になってしまう程度しか充電ができなくなっていた、ということなのだろう。

ガラスを交換したら、画面がやけにきれいに見えた。会社のBYOD(Bring your own device)に登録している関係で、のぞき見防止フィルターを貼らなければならないのが残念ではある。

これで、あと2年ぐらいは使えそうだ。