上期半年の振り返り

この前書いたブログは新年の抱負に関するものだった。半年経ったところで上期を振り返り、下期を展望しておきたい。

yagian.hatenablog.com

体調維持

当初の目標

  • 健康維持のためのルーティーンをキープする
  • 疲れたときはムリせずルーティーンを休む
  • 調子のいいときも悪いときもそれなりのピッチング

上期の振り返り

健康維持のためのルーティーン・キープは今年に限らず、永遠の目標である。

大きく体調を崩すことはなかったのでその意味では合格点であるが、1月終わり頃に花粉症、5月後半から風邪をきっかけとして喉の炎症を起こし、体調が優れない時期があった。こまめに医者にかかっているが、5月後半からの不調はやや長引いていしまった。因果関係はよくわからないが、喉の炎症をおこしてだるい時期には、気持ちも低調になり後ろ向きになりがちである。

一定確率で体調を崩すことはしかたないけれども、回復、立ち直りはもう少し早くしたい。体調がよくないときも、やや忙しく動きすぎていたのかもしれない。もう少しはっきりとペースダウンをしたほうがよいかもしれない。

下期の展望

 自分の心身の調子をしっかり観察しながら、早めの対処、ルーティーンの調整をしていこうと思う。特に、不調を感じたとき、早めに緩めていきたい。

仕事での挑戦

当初の目標

  • 新しい部署で求められているサービスを安定して提供する
  • チーム・ビルディングを進め、信頼されるチームを作り上げる
  • チームの各メンバー、そしてチームの成長を促す

上期の振り返り

第一の目標「サービスを安定して提供する」は、おおむね達成できた。

一方、チーム・ビルディングは、必ずしも順調ではない。組織学習、コーチングなどの今どきの理論、方法論を学び、少しずつ適用しているが、うまく反応を引き出せている部分と思うような反応を得られていない部分がある。メンバー、チームの成長についても似た状況にある。学習、成長が進んでいるメンバーと、停滞しているメンバーの差が徐々にはっきりしつつある。

マネージャーとしての自分の振る舞いを振り返ると、傾聴はある程度できているのだろうけれど、メンバーに対するネガティブなフィードバックが適切にできていない。どのように伝えれば相手の理解、納得に結びつくのか確信がもてない。しかし、ネガティブなフィードバックはそもそも難易度が高く、どのようなマネージャーであっても常に確信をもって伝えられるわけではなかろう。腹をくくって思い切りやってみて、相手の反応を見つつ修正を加えていくしかないのだろう。これこそ、自分にとっての最大の学習テーマでもある。

下期の展望

最も重要なことは、メンバーすべてが成長を実感し、よりよいチームになっていくという目標を揺るぎなく示し続けることだろう。時間がかかるかもしれないし、試行錯誤の期間もあるだろうけれど、根気強く取り組んでいきたい。

具体的には、メンバーとのコミュニケーションにおいてはコーチングとフィードバックのバランスの調整すること、業務においてはメンバーが自主的に活動学習するための環境整備を進めていきたい。 

プライベートでの挑戦(フィジカル)

当初の目標

上期の振り返り

この目標は概ね達成できた。

ランニングについては、上記の二つのハーフマラソンに加え、軽井沢ハーフマラソンを完走できた。ハーフマラソンのペース配分、走り方が概ね理解できた。ランニングについては概ね満足している。

ゴルフは、二回100を切ることができた。しかし、満足することができない。レッスンを受けながら、自分なりにスコアを狙うラウンドに向けた計画を進めているが、まだまだ途上にある。

動ける身体を維持するということについては、概ね目標は達成しているが、身体が固くなっているような印象がある。

下期の展望

有酸素運動は、冬から春はランニング、梅雨から夏はスイミングをしている。今は、ランニングの時期は終わり、スイミング中心になっている。去年の夏は、ランニングを完全に休んだため、ランニングシーズンの前半調子を高めるのに時間がかかったので、今年は少しずつ継続的にランニングをしておこうと思う。

ランニングについては、次のシーズンはトレイルランと30kmのレースに挑戦したいと思っている。秋になったらトレイルラン、年明けには30kmレースにエントリーしたい。

ゴルフについては、今の計画を進めていきたい。具体的には、スイングの改造と並行して、クラブのフィッティングを順次進めている途中である。アイアンを新調し、かなりなれてきたところ。次はドライバー、そして、フェアウェイウッドをフィッティングを交換する計画である。クラブが揃い、それらに慣れたところで、ラウンドレッスンをして、傾斜地でのショット、アプローチ、パットの確認をしようと思っている。その後、スコアを目指したラウンドに挑戦したい。今年の冬に間に合えばよいが、どうだろうか。

身体のメンテナンスという意味では、ストレッチを研究してみようかと思う。

プライベートでの挑戦(インテレクチュアル)

当初の目標

  • TOEIC Speaking & Writing受験
  • HSK5級受験
  • 手話の学習継続

上期の振り返り

英語と中国語は、新しいことを覚えるよりは、いままで学習してきたことをしっかりと習得するためのトレーニングに重点を置くことにした。英語はスピーキング、中国語はリスニングとスピーキングに課題があるので、そこを初歩的な教材に立ち返ってトレーニングをしている。ついより高いレベルの教材にトライしてみたくなるが、そこはかなり自覚的に我慢している。

中国語は、今月一つレベルを下げてHSK4級を受験する。来月はTOEIC Speaking & Writingを受験する予定である。

手話はNHK「みんなの手話」に加え、4月から豊島区の手話講座に週一回通っている。ある程度のレベルにまでなれば自習もできるけれど、手話は入門レベルなので教室で習うということの意味は大きいと感じている。

下期の展望

中国語と英語のテストを受けたあと、やや学習方法を見直そうと思っている。まず、下期は自習だけではなく中国語のレッスンを受けようと考えている。おそらく、来年になると思うが、そのあと、英語のレッスンも受けようと思う。リスニングとスピーキングの強化にはレッスンが必要な段階だと感じている。

手話は、手話講座を継続し、地道にレベルアップしていきたいと思う。また、会社でも少しずつ実用的な意味で手話を使っていきたい。

読書と旅行と巡礼

当初の目標

上期の振り返り

読書の量は語学の学習とトレードオフにある。中国語と英語のリスニング、スピーキングに時間を割いている結果として、読書の量は減ることになる。仕事に関わりのある読書は比較的しっかりできたし、エンターテイメントという意味では中華系SFの発見(自分として)があったが、骨太な読書とまではいっていない。時間配分という意味で、この現状はやむを得ないとも思う。

今年の夏の旅行は奈良に行くことにした。自分のなかでは、唐朝の時代、奈良時代は、古代のグローバリズムの時代と捉えている。その意味で、グローバリズムを追いかけるという文脈は継続できている。読書については、上記の通り、今年は中華系SFを発見でき、自分にとってはこれらはディアスポラ文学、グローバリズムという文脈で読んでいる。

江戸三十三観音巡礼は、今年上期はランニングも兼ねて二回行くことができた。

下期の展望

下期の読書も実用的なものが多くなりそうだが、英語の本を一冊しっかり読みたい。また、中国SFの現時点での最高峰「三体」がようやく日本語で出版されたので、これは読まねばならない。

グローバリズムの探求については、夏の奈良旅行に続き、そろそろ中国本土にも行ってみたいという気持ちになりつつある。中国語を試すという意味もある。

江戸三十三観音巡礼は、あともう一回は行ってみたい。おそらく来年には結願できるだろう。

家のインフラ整備

当初の目標

  • 浴室のリフォーム

上期の振り返り

浴室と洗面所のリフォームは完了した。快適になったし、掃除も楽になった。

下期の展望

今年の下期については、家のインフラ整備の計画は今のところ特にない。

最後に残っているのは、キッチンのリフォームである。来年以降、検討する予定である。

その上で固執しない

これもこれからずっと不変の目標だが、最終的な目的は見失わず、目の前の計画目標に固執しすぎず柔軟に暮らしていきたい。

 

今年の振り返りと新年の抱負:メンバーとチーム全体の成長

今年の抱負の振り返り

久しぶりにブログを書く。

今年の抱負の達成状況を振り返り、来年の抱負を考えてみたい。

以下が去年の年末に書いた今年の抱負である。項目別にチェックしてみる。 

yagian.hatenablog.com

体調維持

  • 健康維持のためのルーティーンをキープする
  • 疲れたときはムリせずルーティーンを休む
  • 調子のいいときも悪いときもそれなりのピッチング

幸いなことに、今年一年を通じて体調を維持することができた。心身の調子がよいことがあらゆるチャレンジの基礎になる。

次の「仕事での挑戦」の項で詳しく書くが、今年の後半は仕事が忙しくなったので、ルーティーンの組み換えをした。今年の前半はジムに通いウェイトトレーニングをしたが、後半は定期的にジムに通うことが難しく自重トレーニングに切り替えた。また、語学の学習もペースダウンし、目標達成までの計画を先延ばしした。そんなふうに固執しすぎず、しかし、諦めることなく細く長く継続することができたのが良い点だと思う。

仕事での挑戦

  • 周囲に信頼される頼られるスターターを目指す
  • チーム・ビルディングは継続、信頼感があるチームを作る
  • 実践的な研修を提供する
  • 簿記二級を受験する(6月)

今年10月から異動をして新しい組織のリーダーになった。7月頃から新組織立ち上げの準備に入り、去年想定していた状況とは大きく変わった。

上記の目標はその当時所属していた部署を前提とした目標だったが、ある意味、それをよりハードルを上げた挑戦をすることになった。今はチーム・ビルディングの日々で、信頼感のあるチームづくりはまだ途上である。新しい業務を担当する新しい部署なので、研修も重要だが、これも実践しながら洗練するプロセスの渦中にある。

簿記二級はぶじ合格した。これで経理の仕事ができる訳ではないが、複式簿記と工業簿記の考え方の基礎を習得したのは今後役に立つと思う。

プライベートでの挑戦(フィジカル)

  • ムリのない範囲でフリーウェイトのトレーニン
  • ハイテクハーフマラソン(1/14)、目白ロードレース(3/4)を完走する
  • スイミングでリラックスする
  • ゴルフで100を切る(レッスンを受ける)

前述のように、今年前半はフリーウェイトのトレーニングをしたが、後半は家での自重トレーニングに切り替えた。タンパク質を気をつけているが、その割に骨格筋率が増えないと思う。体調維持が目的だから、あまり気にせず気長に続けることが重要なのだろう。

ハイテクハーフマラソンで、初のハーフマラソンに参加した。ぶじ2時間を切って感想できた。しかし、前半がオーバーペースで最後の3kmは足がまったく動かなかった。次はフルマラソンと思っていたが、ペースを守ることを覚えないと厳しいと思う。目白ロードレースは5kmのレースなので、気持ちよく走り切ることができた。また、12月にはいちごトレイルランに家族で参加できて、雨が降りアップダウンが厳しいコースでハードだったが楽しむことができた。

ランニングのログを見ると、今年は333km走っていた。今年の夏は暑かったので6月から9月まではほとんど走っていない。4月頃は調子がよく、かなりいいペースで走れていたが、秋からランニングを再開したがなかなか調子が上がらなかった。来年の1月に再度ハイテクハーフマラソンに参加するが、調子という意味では厳しいと思う。

ランニングを休んでいた間はスイミングをしていた。ランニングはタイムを気にしながら走っていることが多いが、スイミングではそんな野心がなく、自分がいちばん気持ちいペースで泳いでいる。その意味で、ランニングに比べるとスイミングはリラックスができる。今、冬は主にランニングをしているが、スイミングをまぜてもいいかもしれない。

そしてゴルフ。今年は本格的にレッスンを受け、練習もかなり熱心に行った。しかし、結果としては、102がベストスコアで100を切ることができなかった。目標は来年に持ち越しである。

プライベートでの挑戦(インテレクチュアル)

  • TOEIC Speaking & Writing受験(下期)
  • HSK5級受験(下期)
  • 広東語学習継続
  • 簿記2級受験(6月)

 インテレクチュアルな目標としては、簿記2級は合格したが、TOEIC Speaking & WritingとHSK5級の受験も延期し、広東語の学習はお休みをしている。

英語も中国語もSpeakingが不十分だと感じている。ハワイに旅行したとき、ヒアリングに比べて話したい言葉がでてこなかった。また、今年の後半は中断しているが、Skype中国語のレッスンで単純な表現がなかなか口からでてこずにもどかしい思いをしていた。英語も中国語も初歩に立ち返って単純な構文の文章、チャンクをすばやく話すトレーニングを地道に続けている。

読書と旅行と巡礼

今年もあまり骨太な読書はできなかった。

そのなかで、いちばん印象的だった本はダニエル・カーネマン「ファスト・アンド・スロー」だった。これは自分の認知のありようを客観的に振り返る非常によい契機になった。

今年の夏には、マウイ島オアフ島に旅行した。キャプテン・クックによるハワイ諸島の「発見」からハワイ王国アメリカ合衆国に併合されるまでの歴史は、グローバリズムの展開を示す一つの実に興味深い事例だ。今回の旅行では、ビショップ・ミュージアムイオラニ宮殿を訪ねて、この歴史について知識を深めることができた。これからも探求していきたい。

江戸三十三観音巡礼は、今年後半はあまり進まなかった。けれども、これも細く長く続けていきたい。

家のインフラ整備

  • 洗濯乾燥機の購入 

今年は電化製品が耐用年数を迎え、必要に迫られリプレースを進めた。

ドラム式洗濯乾燥機、エアコンと冷蔵庫を買い替えた。洗濯乾燥機の購入は家事の効率化にインパクトがあった。洗濯物を干さなくていよくなったのはすばらしい。それまでは、天気予報を気にしたり、浴室乾燥機を使ったり、手間がかかる上、しっかりと乾燥しないことも多かった。多少服が縮むこともあるが、自動で洗濯物が乾燥することで計画的に家事ができるようになった。

その上で固執しない

できること、できないことがあったけれど、最終的な目的は見失わず、目の前の計画目標に固執しすぎず柔軟に生活できたのはよかった。全体としてはいい一年を過ごすことができた。

新年の抱負:メンバーとチーム全体の成長

体調維持

  • 健康維持のためのルーティーンをキープする
  • 疲れたときはムリせずルーティーンを休む
  • 調子のいいときも悪いときもそれなりのピッチング

この目標は来年も変わることがない。

来年一年もまずまずの体調を維持することがすべての基盤となるだろう。

仕事での挑戦

  • 新しい部署で求められているサービスを安定して提供する
  • チーム・ビルディングを進め、信頼されるチームを作り上げる
  • チームの各メンバー、そしてチームの成長を促す

10月から立ち上げた新組織では、まずは、新しいメンバーで年度末に向けて求められているサービスを安定して提供することが短期的目標である。これは、今自分に与えられたメンバーでしっかり実現しなければならない。

中長期的には、メンバーが相互に協力しながら前向きに成長できるチームを作り上げたい。そのことにより、チーム全体としての成長が実現し、周囲からの信頼も獲得できるだろう。

今、組織学習、コーチングなどに関する本を読み、少しずつ実地に適用して、メンバーの反応を見ているところだ。今年一年を通じ、継続してメンバーとチーム全体の成長を促していきたい。

プライベートでの挑戦(フィジカル)

冬から春のランニングシーズンに、ハーフマラソンに二つエントリーしている。これを完走することを目標としている。今年は夏に完全にランニングを休み、調子を戻すことに苦労したので、少しずつでも年間を通して走ろうと思う。また、いちごトレイルランが楽しかったので、来年の後半にはトレイルランにも挑戦したい。

そしてゴルフ。そろそろ上達したい。そして、100を切りたい。そのためには、レッスンと練習を継続とするとともに、コースをラウンドする機会を増やそうと考えている。

来年一年を過ごすなかで、あれもやりたい、これもやりたいと思えるものに出会えると思う。そのときに、躊躇せずに挑戦できる動ける身体を維持することが重要だろう。

プライベートでの挑戦(インテレクチュアル)

  • TOEIC Speaking & Writing受験
  • HSK5級受験
  • 手話の学習継続

仕事では、年度末を乗り切ればある程度時間もできると予想している(そうありたい)。

可能であれば、英語と中国語の学習をペースアップしてTOEIC Speaking & WritingとHSK5級の受験をしようと思う。

新しい組織にろう者のメンバーがいる。今、NHK「みんなの手話」を見ているが、これは継続して、簡単な意思疎通は手話できるようになることを目指していこうと思う。

読書と旅行と巡礼

二年間続けて骨太な読書はできなかった。おそらく、来年の前半は業務に直結するような読書が中心で、なかなか骨太な読書はできないだろうが、後半には手応えのある古典を読む機会を作りたい。

旅行と巡礼についてもテーマは変わらない。これは今後数年続けて探求していきたいと考えている。

家のインフラ整備

  • 浴室のリフォーム

電化製品や家具の置き換えはほぼ完了した。あとは、カビとの戦いに負けてしまっている浴室のリフォームができれば、かなり快適な住居になると思う。わが家のインフラ整備としては、これが大きなテーマになる。

その上で固執しない

これもこれからずっと不変の目標だが、最終的な目的は見失わず、目の前の計画目標に固執しすぎず柔軟に暮らしていきたい。

 

「市場の倫理 統治の倫理」とドナルド・トランプ、ジョン・マケイン、そして、安倍晋三

「市場の倫理 統治の倫理」

 勤務先の会社で「社会科学研究会」という勉強会に参加している。この勉強会では、人文系の一般書を輪読している。今、行動経済学の本を読んでいるが、そのなかで、人間は合理的経済人として行動するだけではなく、社会的な倫理に基づいて行動する、そして、そのほうが望ましい結果がもたらされるという指摘があった。その一節を読み、ジェイン・ジェイコブズ「市場の倫理 統治の倫理」を思い出した。 

市場の倫理 統治の倫理 (ちくま学芸文庫)

市場の倫理 統治の倫理 (ちくま学芸文庫)

 

この本のなかで、ジェイコブスは、社会には「市場の倫理」と「統治の倫理」という二つの倫理体系があり、この二つを混ぜ合わせることで腐敗が生じると主張している。

ジェイコブスは、市場の倫理と統治の倫理の主な特徴を以下のようにまとめている。

市場の倫理
  • 暴力を締め出せ
  • 自発的に合意せよ
  • 正直たれ
  • 他人や外国人とも気やすく協力せよ
  • 競争せよ
  • 契約尊重
  • 創意工夫の発揮
  • 新奇・発明を取り入れよ
  • 効率を高めよ
  • 快適と便利さの向上
  • 目的のために異説を唱えよ
  • 生産的目的に投資せよ
  • 勤勉なれ
  • 節倹たれ
  • 楽観せよ

 

統治の倫理

  • 取引を避けよ
  • 勇敢であれ
  • 規律順守
  • 伝統堅持
  • 位階尊重
  • 忠実たれ
  • 復讐せよ
  • 目的のためには欺け
  • 余暇を豊かに使え
  • 見栄を張れ
  • 気前よく施せ
  • 排他的であれ
  • 剛毅たれ
  • 運命甘受
  • 名誉を尊べ

統治の倫理とジョン・マケイン

アメリカの上院議員ジョン・マケインが亡くなった。

ジョン・マケインは二回アメリカ大統領選挙に挑戦したが、一回目は共和党内の予備選挙ジョージ・W・ブッシュに破れ、二回目は大統領選挙で民主党バラク・オバマに破れた。しかし、上院議員として、特に外交、安全保障政策の領域で大きな存在感を示し、尊敬を集めていた。最近では、共和党員でありながらドナルド・トランプを厳しく批判している。

私は一貫して自分の信念にしたがって発言をする彼に敬意を持っていた。

www.bbc.com

市場の倫理と統治の倫理のリストを見ていると、ジョン・マケインは統治の倫理に忠実だったことがわかる。彼は政治家にふさわしかったし、大統領として仕事をしているところを見てみたかった。

ドナルド・トランプと市場の倫理と統治の倫理の混交

この市場の倫理と統治の倫理という観点からトランプを見ると、どうなるのだろうか。

彼は「ディール(取引)の名人」であると主張している。統治の倫理の第一番目に「取引を避けよ」とある。取引は自己の利益のためにするものだから、自己の利益を超えた理想を目指す統治の倫理とは相容れない。

マケインがベトナムの捕虜になったとき、著名な軍人の息子であることを知ったベトナム軍は彼に対して早期に釈放するという取引を持ちかけた。これに対し、マケインは自分より早く捕虜になった人より先に釈放されることを拒絶した。これは統治の倫理である「取引を避けよ」「運命甘受」「名誉を尊べ」といった項目に当てはまる。

それでは、トランプは市場の倫理に忠実だろうか。それも当てはまらない。例えば、「正直たれ」「他人や外国人とも気やすく協力せよ」といった倫理からは遠く隔たっている。
トランプはいずれにせよ何らかに倫理に従って行動し、生きている訳ではない。だから、典型的な意味での「市場の倫理」と「統治の倫理」の混交による腐敗ではないけれど、「統治の倫理」ではもっとも避けるべき「取引による自己の利益の追求」をしているという意味で、大統領として守るべき「統治の倫理」を守っていないということは明らかだろう。

個人的にトランプの行動でいちばん好きになれないのは、「名誉を尊べ 」といった自己の利益を超えた「高貴さ」を求めるところがないことだ。マケインともっとも相容れなかったのはそういったところなのだろう。一方、反ワシントン、反権威を求めるトランプ支持者は、そういった「名誉」「高貴さ」を踏みにじるトランプに痛快さを感じているのかもしれない。

そして、安倍晋三

安倍晋三は、マケインとトランプのどちらに似ているだろうか。

私は、自己の政治的な利害を追求し、それを超えた「名誉」「高貴さ」に関心が乏しい、それゆえ、底が浅く見える言動、行動が目立つ彼は、トランプタイプだと思う。

スポーツ界とハラスメント

スポーツ界の閉鎖性とハラスメント

最近、スポーツ関係の団体でハラスメントに関わる問題が次々と明るみになっている。

スポーツ界でのハラスメントが多発する構造的な原因のひとつは、チームの移籍が困難なことにあるのだろう。クラブチームであれば選択し、移籍することは容易だろうけれど、学校の部活であれば移籍は難しく、国の代表となると選手がチームを選ぶことができない。

ハラスメントは、逃げ出すことが難しい閉鎖的な環境での権力関係の中で生じる。その意味では、国単位、学校単位のスポーツは、特にハラスメントが生じやすい構造にある。もし、関係者がそのことに自覚的でないと、ハラスメントが生じる危険性が高い。そして、おそらくは、自覚的ではない関係者が多いのだろう。

オリンピックへの疑問

オリンピックへの疑問は多すぎて、簡単に書ききれない。ここでは、国単位で独占的に組織が作られている、という仕組みついて

オリンピック憲章には、オリンピックは国家間の競争ではなく、個人やチーム単位の競争だと書かれているそうだが、実に欺瞞的だ。オリンピックに関わる組織は、国単位の組織が連合して構成されている。個人が直接オリンピックにエントリーすることはできないし、チーム単位の競技では国単位でチームが構成される。

 以前、日本にバスケットボールのプロ・リーグが二つあると日本代表として国際試合に参加できない、とのことで、一つのプロ・リーグに、なかばムリヤリ統合されたことがある。しかし、なぜ、二つあると問題なのかまったく理解できない。二つのプロ・リーグから一つの日本代表が構成できれば問題ないはずだし、リーグごとに二つのチームが国際試合にエントリーしたってよいではないか?

人を閉鎖的に囲い込む環境と選択の自由

この問題は、スポーツ界特有のものではなく、人を閉鎖的に囲い込む環境共通の怖さだと思う。
最近、スポーツ界では声を上げられるようになってきたのはよいことだが、まだまだ声をあげられないことも多いだろうし、スポーツ界以外にも闇の多い分野、組織も多いはずだ。

また、声を上げるのは、声を上げる者に対する負担、リスクも大きい。そもそもハラスメントの罠に落ち込む前に、所属を容易に変えられる仕組みになっていればよかったのではないだろうか。選択の自由と具体的な選択肢の存在によって、パワーハラスメントを防ぐことができたのではないか?

陸上競技や水泳のように、客観的な基準で代表が選出される競技は、いわば人治ではなく法治なので、比較的パワーハラスメントは生じにくい仕組みになっているのだろう。
人治的にならざるを得ない競技でも、できるだけ法治的な仕組みを意識して導入すべきなのだろう。

人治と法治

これは自戒の念を込めて、だが、差別と同じで、権力は無自覚に行使しがちで、権力を行使される側の感じ方には思いが至らないことが多いと思う。

とはいえ、人治的なシステムで権力を握っている人が、自発的に権力を手放して法治的なシステムに移行することは稀なんだろう。そして、人治的なシステムで権力を握っている人は、自分はいいことしていると思っていて、事実、いいかとをしている部分もある。それ故に、法治の導入は難しくなる。

いろいろ考えてみて、解決策にたどり着かない。難しい…

おいしいアメリカ:オーガニックとクラフトビールとコーヒー

おいしいアメリ

夏休みのハワイ旅行で行ったレストランのなかでは、マウイ島の北側、パイアのほど近くにある"Mama's Fish House"が印象に残った。料理もおいしく、立地もよく、ホスピタリティもすばらしかった。

www.mamasfishhouse.com

身近にアメリカの良さを共有できる人が少ないいこともあり、「まずい」という強固なステレオタイプがあるアメリカの食のおいしさについて共感してもらうことがなかなか難しい。

しかし、実際にアメリカに行くたびに「おいしいアメリカ」を堪能しているし、日本でもアメリカ的な食を楽しむことが増えている。

オーガニックとクラフト・ビールとコーヒー

1990年代の初頭、はじめてアメリカに行った時、アメリカの食が一般的においしいとは言えなかった。個人的には、ダイナーの端が焦げたパンケーキと薄いコーヒーは好きだけれども、積極的に他人には勧められない。

しかし、徐々に改善が進み、特に2010年代に入ってからは劇的な変化があったと感じている。この変化を代表するのが、オーガニック、クラフト・ビール、コーヒーの3つだと思う。

ハワイにも、オーガニックを中心として全米展開する食品スーパーマーケットWhole Foods Marketがあり、地元のDown to EarthやMana Foodsという人気店もある。これらの店では、健康や環境配慮だけではなく、おいしさも追求されている。Farm to Tableを標榜するレストランも多く、”Mama's Fish House”では、魚を採った漁師さんの名前が書かれたメニューもあった。

最近、どの州でもクラフト・ビールを作るマイクロ・ブリュワリーがあり、多くの地元のレストランに置いてある。もともとアメリカの料理は、味が濃くてビールとの相性がよいものが多い印象があるが、ビールの選択肢が増え、ビールと食を組み合わせる楽しみが一気に増えた。ビールは鮮度がよい方がおいしい「生鮮食品」だから、大規模なビールメーカーより地産地消に向いていると思う。

そして、町のそこかしこに、おいしいコーヒーを出してくれるインディペンデントのカフェが普通にあるようになった。いわゆるサードウェーブコーヒーは、大企業が仕掛けた一時的な流行ではなく、地に足がついたものだと思う。

ヒッピー文化と多様性

オーガニック、地産地消クラフトビール、サードウェーブコーヒーといった最近のアメリカの食の傾向には、やはりヒッピー文化が底流にあると思う。個人的には、ヒッピー文化にはあまり惹かれないけれど、今のおいしいアメリカは、彼らの文化抜きではありえなかったことは間違いない。

たまに、アメリカのさまざまな起業家へインタビューするポッドキャスト"How I Built This"を聞くことがある。起業家の中で、ヒッピーの両親に育てられた、とか、コミューン育ち、とか、かなり特色のある環境で生まれ育った人たちがいて、彼ら自身はヒッピーではないとしても、その個性ある感覚、世界観、人脈を生かして、特色あるビジネスを立ち上げていたりする。

www.npr.org

多様性の価値、というのはこういうことなのだ、と思う。

おいしいアメリカと階級

Whole Food Marketは高級スーパーという位置づけで、そこで売られているオーガニック食品は高くて、ウォルマートとは客層が違っている。クラフトビールは、もちろん、バドワイザーより高いし、サードウェーブのコーヒーは、ダンキン・ドーナツより高い。

前回のブログで、英語の能力とカースト・階級差を感じるということを書いたけれど、最近の「おいしいアメリカ」も、ある一定の階級以上が享受している、という印象はある。

ハワイと英語と私

ハワイ旅行の至福

今年の夏休みは、久しぶりにハワイへ旅行した。マウイ島とオワフ島に滞在した。南の島とアメリカが好きな私にとって、完璧な旅行先である。

今年の東京の夏は暑さがとりわけ厳しかった。気候が快適なハワイに行くのは、一種の避暑でもある。東京では、暑すぎて外を走る気にならなかったけれど、ハワイで日の出とともにビーチに沿って海を眺めながらランニングするのは至福だった。

英語に打ちのめされるとき

現在の部署では、業務でアメリカに出張することはないけれど、数年に一回はアメリカ旅行をしている。その時、英語が障害になる。

サバイバルをするには問題はないけれど、相手の言っていることがすぐに理解できなかったり、私の言っていることが通じなかったり、表現したいことが十分に表現できなかったり、その結果、物事が思うように進まず、相手がコミュニケーションを放棄したりする。

そういうとき、強いストレスを感じる。そのようなストレスが積み重なると、英語に打ちのめされて、英語から逃避したくなる。

スピーキングの強化

自分の英語力を評価すると、四技能のなかではやはりスピーキングが劣っている。リスニングとリーディングは自習がしやすいし、ライティングはしばらく英語でブログを書くことで強化できた。これに比べると、日常生活のなかでネイティブと英語で話す機会がほとんどないのだから、スピーキングが劣っているのは当然である。

とはいえアメリカが好きであるにもかかわらず、英語で打ちのめされてるのは、残念なことだ。ここ1年ぐらい、少しずつ英語のスピーキングの強化を進めている。

まずは、ここの母音、子音レベルの発音の矯正、単語の発音の練習からスタートし、英語のセンテンスがなめらかにでてくるように、そして、センテンスの組み立て、会話の展開へ練習を進める計画をしている。現在は、センテンスレベルの練習をしているところである。

しかし、基本的には自習をしているので、実際に自分のスピーキングが向上しているのか把握できない。今回のハワイ旅行で英語を話してみて、以前に比べて聞き返されることが減って、自分の発音が矯正されていることが確認できて、嬉しかった。

いくつか用意している構文であればよいが、それから外れたことを話そうとするととたんに言いよどんでしまう。しかし、発音が向上しているのは確実な進歩だし、この方向で進めば英語のストレスも軽減される希望が持てた。前述のように、以前は英語に打ちのめされて逃避したくなることが多かったけれど、今回はさらに学習を進めようというモティベーションを高めることができた。今回の旅行の大きな収穫の一つだと思う。

TOEIC Speaking & WritingとSkypeレッスン

今後の英語のスピーキング学習の計画としては、まず、現状の実力を計測するために、TOEIC Speaking & Writingを受験してみようと考えている。

もちろん、TOEIC Speaking & Writingがスピーキングの能力をどこまで測れるのか疑問はある。しかし、自習スタイルで学習を進めていると、自分の進歩が把握できず、それがモティベーションを低める原因にもなる。不完全なテストであっても、自分の進歩を測るためのベンチマークには十分だろう。

そして、やはりネイティブと実際に会話をする量を増やすことは必要だ。素振りだけでは、クラブの芯でボールを捉えるようにはならない。時間を確保するのが難しいけれど、Skypeでの英語のレッスンを始めようと思う。

英語能力とカーストと階級

自分の英語の能力からは話題が外れるが、アメリカに行くたびに、英語能力によるカーストがあり、それと階級が結びついていると感じる。

アメリカの社会は、英語が話せない人も当然のように社会の構成要員として取り込んでいる。しかし、英語の能力が不十分であれば、職業の選択が限定されている。英語を話せない人たち固有の職業がある、それが階級と結びついている。

Uberの運転手は、英語をまったく話せなければ無理だが、英語能力が限定されていてもやっていくことができる。しかし、Uberのなかで運転手をランク付けする機能があるが、その得点と英語能力には相関関係があるように思う(Uber社内では、そのようなな運転手の属性とランクの関係を研究してそうだ)。

例えば、私が利用したUberのなかでほとんど5点に近い運転手がいた。彼は、ニューヨークからハワイに訳あって移住したという人で、おそらく大学以上の教育を受けたインテリだった。ネイティブとしての発音で、やや複雑な内容の話をすることができる。やはり、このような英語でのコミュニケーションの能力があることで、Uberのなかでも上位者になる。

自分はアメリカ社会で生活していないから、英語能力によるカーストに組み込まれる訳ではない。しかし、観光客であっても、英語能力によって扱いが違ってくるということは実感する。より楽しむためには、一定の英語能力を身に着け、自分がそう扱われたいと思う扱いを獲得する必要があるだろう。

もう少しがんばってみようと思う。

苦手なことに挑戦する

そして苦手なことが残った

ここ数年体調がよいこともあり、いろいろなことに挑戦している。フィジカルに関する挑戦とインテリジェンスに関する挑戦に大別できる。

フィジカルに関する挑戦としては、ランニング、トレーニングによる身体づくり、ゴルフがある。ランニングでは、今年のはじめにハーフマラソンを完走し、今年の後半にはトレイルランに挑戦する計画だ。トレーニングでは、タンパク質をしっかり摂取しながらジムに通って筋力トレーニングをしている。ゴルフは、ここ数年来、100を切ることを目標にしていて、今は個人レッスンに通っている。

インテリジェンスに関する挑戦としては、語学(中国語、英語、広東語)と会計の学習をしてきた。会計は簿記二級に合格して一区切りがついた。語学は毎日少しずつ学習している。

今年に入って感じていることは、自分が得意で比較的かんたんに上達できる分野は概ね目標を達成してしまい、残されたのは、苦手な分野だったり成長のスピードが鈍ってきたりで成果や成長実感が感じにくい分野ということだ。

英語でいえば、リーディングやリスニングは比較的得意なので、TOEICは高得点が取れた。今は、苦手なスピーキング(発音や会話など)に取り組んでいるが、そもそも自分の能力の現状にがっかりするし、上達も遅々として進まない。

中国語も、初級の間は上達が見えやすいし、ちょっと通じただけで楽しいけれど、最近ではそろそろ中級に入り、本格的に語彙を増やさなければならない段階になり、これも短期的には上達を実感することが難しい状況にある。

トレーニングをしていても、多少は体型が変わった実感はあるが、変化は微々たるものだし、より重い重量が持ち上げられるようになったわけでもなく、体組成計で計測した筋肉量はあまり増えていない。年齢や体質を考えると、筋肉がつきにくいのだろう。

ゴルフも、徐々にフォームの改善は進んでいるようだが、フォーム改善の途上にあるので、まだ芯にあたる確率が高まるところまでは行かないし、飛距離もさして伸びていない。

成長実感を動機に使えない辛さ

なにかに挑戦する時、これまでできなかったことができるようになる、ということがいちばん楽しい。そして、それが動機となって取り組みに熱が入って、さらに新しいことができるようになる。こういう好循環に入ることができれば、楽しい上に成果があがって言うことはない。

しかし、こういう好循環が永遠に続くことはない。収穫逓減の法則によって、成長スピードは鈍化する。やってもやっても成長が実感できないと、挑戦することが苦しくなってくる。しかし、一方で、時間をかければ少しずつでも成長できるはずだという思いもあり、かんたんに投げ出す気持ちにもなれない。

挑戦そのものを楽しむこと

「嫌われる勇気」の著者である岸見一郎の主張には共感することが多い。彼は、高齢になってからの「挑戦」について、次のように語っている。

アドラーがいうところの「不完全である勇気」を持てないからです。新たなことに挑戦すると、「できない自分」「不完全な自分」であることが露呈するかもしれない。そんなことにはとても耐えられないから、高齢であることを理由に、初めから「できない」と決めつけてしまうのです。

…歳を取ってから行う勉強では、目標や到達点を設定する必要がありません。第三者による評価や時間の制約から離れて、自由に勉強できるわけです。勉強が手段ではなく目的になり、純粋に、学ぶ楽しさや喜びを味わうことができる。これこそが老いてから勉強することの醍醐味であり、それが生きる喜びにもつながっていきます。

www.minnanokaigo.com

うまくできない、という不完全な自分を認めるのは、なかなか簡単ではない。それを認めたくないからこそ、成長することを目指して挑戦をし、成長したときの喜びが大きいという側面もある。

上記の通り、挑戦初期は上達するスピードが速く、成長実感を動機に利用できるが、それは徐々に鈍化してくる。そうなってくると、やはり「上達が遅い」という不完全な自分を認め、続けること自体によろこびを見出すようにシフトチェンジすることが必要になるのかもしれない。おそらく、そのようにシフトチェンジをして挑戦を続けることで、振り返ってみると結果として成長していた、ということもあるのだろう。もちろん、成長自体を目的としなければ、成長していなくたって挑戦のプロセスを純粋に楽しめばいい。

私の場合、ランニングはより速く、より長く走れるようになりたい、という成長意欲が強く、練習ではいつもタイムを計測しているし、目標とする大会にエントリーもする。一方、水泳では、成長意欲がなく、ただ泳ぐのが気持ち良いから泳いでいる。タイムを測ることもなく、自分が気持ちのいいスピードで淡々と泳いでいる。ランニングも時計を外して気持ちの良いペースで走るようになれるといいかもしれない。

私には、語学の学習そのものが好き、という気質はある。しかし、語学を習得することによって実用的に役立てたいという気持ちも当然ながらある。だから、上達は度外視して学習だけしていればうれしい、という境地にはなかなかなれない。好きでやるのであれば、得意分野だけをやっていればいいけれど、実用を考えれば苦手分野の補強も必要になる。

なかなか挑戦そのものを純粋に楽しむ境地には至れないことが多い。

得意分野に集中すること、辞めることも一つの選択肢だが

もちろん、誰かにやれと言われて挑戦している訳ではなく、自分が思い立って挑戦している。だから、いつ辞めても、困る人もいない。

だから、成長が鈍化した挑戦は辞めて、得意分野に集中することも人の選択肢ではある。しかし、なにか割り切れない気持ちになる。